坐骨神経痛(足のしびれ)の早期改善

坐骨神経痛の「最後の砦」の大阪茨木市の専門整体です

坐骨神経痛の辛い症状(足の付け根の痛み、足のしびれ、お尻の痛み、足首の痛み)で、大阪、茨木市、高槻市、吹田市など北摂で早く治る病院や治療院をお探しの方は、経験実績豊富な専門整体にお任せください。

大阪茨木市で開業以来17年間坐骨神経痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)に特化した経験と実績が、きっとあなたのお力になれます。

他院では考えられない坐骨神経痛の早期改善実績が自慢です。

足のしびれ、足の付け根の痛みの原因と解消法は、詳しくは坐骨神経痛のページをご覧ください

zakotusoukikaizenn

 こんな坐骨神経痛の症状が短期間で改善されています

坐骨神経痛の足のしびれと痛みで靴下が履けない。

5分も歩くと足がしびれて歩き続けられずにしゃがみこんでしまう。病院では脊柱管狭窄症の坐骨神経痛と診断された。

足首から先がしびれて力が入らない。

病院で椎間板ヘルニアの坐骨神経痛と診断されて手術を勧められたが、手術はしたくない。

お尻から足の付け根の痛みで腰が伸ばせない。

坐骨神経痛のせいで好きな旅行や山登りに行けない。

足裏に餅を踏んだような違和感がある。

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛で来院された兵庫県尼崎市の男性

尼崎市の男性は椎間板ヘルニアと診断された坐骨神経痛のしびれでおこまりでした。

初回から順調に改善され、5回の整体でほぼ完治されました。

月に一度メンテナンスにお越しいただいています。

坐骨神経痛とは

腰椎からスタートし骨盤の中を通り足先まで伸びる人体で最も長い神経が坐骨神経です。

これが、腰部、臀部、太もも、ふくらはぎなどの筋肉や筋膜の緊張で邪魔されると、足のしびれ、お尻から足の付け根の痛み、足首の痛み、足裏のしびれなどが発症します。

坐骨神経痛の原因

病院では椎間板のヘルニアや脊柱管の狭窄により神経が圧迫されることにより坐骨神経痛が発症すると説明します。

でもそれが本当なら手術以外に坐骨神経痛を改善する方法はないことになります。

それに、ヘルニアや脊柱管の神経の圧迫であれば運動麻痺や知覚麻痺が出るはずです。

神経圧迫で痛みやしびれなどの知覚異常は発症しません。

また、当院で坐骨神経痛が完治された方が再度MRIを撮ってみると、ヘルニアは元のままだったということも数件確認しています。

運動麻痺や知覚麻痺がないのなら、坐骨神経痛の原因は神経の圧迫ではなく筋肉や筋膜の硬縮であるという考え方が増えています。

筋筋膜性疼痛症候群という考え方で、アメリカでは30年も前から認知されています。

ペインクリニックのトリガーポイントブロック注射もこの考え方によるものです。

坐骨神経痛の原因が筋肉の拘縮や筋膜の癒着から発生したシコリ(トリガーポイント)だと考えると、当院の改善例はすべて納得がいきます。

筋筋膜性疼痛症候群やトリガーポイントについて詳しくはこちらのページをご覧ください

坐骨神経痛の解消のポイント

痛みやしびれの引き金(トリガー)となるシコリを緩める事が最重要です。

でもトリガーポイントを緩めるだけでは坐骨神経痛は完治には至りません。

トリガーポイントのもととなる筋肉の拘縮や筋膜の癒着を解消しなければなりません。

そのためには全身の筋肉バランスや骨格の歪みを整える必要があります。

また、身体に大きく影響するストレスのリセットも必ず必要です。

坐骨神経痛が3回で治った大阪府高槻市の女性

201406101

 

大阪府高槻市の53歳の女性の坐骨神経痛の体験談です。

7か月前から完治しない腰から足へのしびれと痛みで病院や整骨院、整体院の店員を繰り返していたそうです。

病院では「坐骨神経痛は治らない」と宣告されたそうです。

初回から順調に改善し、3回の施術で痛みをほとんど感じない程度に改善されました。

大阪茨木くぼ整体の坐骨神経痛施術

その人に合わせた施術を組み立てる、オーダーメイド施術です。

無痛で安全な施術なので高齢者にも安心して受けていただけます。

各種操法で坐骨神経痛のトリガーポイントを瞬時に緩めます。

身体の軸の狂いや筋骨格系の歪みを整え坐骨神経痛の根本改善を目指します。

波動エネルギーによりストレスをリセットできるので改善スピードが早く、再発も少なくなります。

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛が1回で治った大阪府摂津市の女性

 

大阪府摂津市の女性は初回で椎間板ヘルニアの坐骨神経痛がなくなりました。

良い状態を安定させるため、あと2回通院いただきました。

大阪茨木市、高槻市、吹田市、豊中市など北摂で坐骨神経痛の治療院をお探しの方は、大阪茨木くぼ整体にお任せください。

大阪茨木くぼ整体がどこよりも早く改善する理由は「足のしびれ(坐骨神経痛)のページ」をご覧ください

 

ページの先頭へ