今日が7回目の来院の男性は椎間板ヘルニアの左脚の痛みとしびれでお困りでした。

椎間板ヘルニアの症状が出たのは4か月前の2月で、左の腰が痛くなり、そのうち左脚に痛みとしびれがでてきたそうです。

病院では椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

初回の来院時は杖をついて歩くのもやっとという状態でした。

座っていると左のお尻が痛み、立つと左脚に痛みがでて左足裏が痺れるということでした。

当院の椎間板ヘルニアに対する初回整体で2~3割改善されたようです。

3回目の施術後は足の痛みはほとんどなくなり、座っているときのお尻の痛みは軽くなったものの、まだ長時間座ることができないということでした。

4回目の施術後はお尻の痛みも少し感じる程度に減りました。杖なしでの来院でした。

6回目の施術後は痛み痺れはほとんど感じなくなったようです。

今日の7回目の施術で、おそらくもう大丈夫だと思います。

当院の椎間板ヘルニア施術では、緊張した筋肉を緩め正常化することにより身体の歪みを正し椎間板への圧迫を軽減し、痛みやしびれの改善を目指します。

筋肉を緩めるのは、無痛ポジショナル操法や揺らし操法で行うので、安全で施術の痛みの苦痛もありません。

無痛ポジショナル操法とは、歪みを強調する姿勢を作ることで筋肉を緩め正常化します。

押したり揉んだりはしないので、「楽になったのが不思議」と思う方も多いようです。

でも、押したり揉んだりしても筋肉は本当は緩みません。よけいに緊張することが多いです。

当院では、ソフトに確実に筋肉を緩め歪みを正し、椎間板ヘルニアの痛みを早期軽減していただきます。

椎間板ヘルニアでお困りの方は、当院の整体を一度お試しいただければと思います。

椎間板ヘルニアが短期間で改善される理由 椎間板ヘルニアのページへ

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で椎間板ヘルニアのお悩みは、

どこよりも早く改善できる大阪茨木くぼ整体にお任せください。

関連する記事を読む: