ご友人のご紹介でお越しになられた大阪市の女性。

3週間前に突然に首が痛くて動かなくなり、整形外科へ行くと、「ストレートネックのせいで筋肉に負担がかかっています」と診断されたそうです。

10日ほど整形外科で出された鎮痛剤を飲み、痛みはマシになり、首も動かせるようになったそうですが、上を向くと痛むのが治らないということでした。

鎮痛剤で痛みを抑えながら、自然治癒力による改善を期待するという保存療法ですが、正しい治療だと思います。

ただ、医師が「ストレートネックが原因」と診断することには少々疑問を感じます。

患者側の立場になれば、もう「ストレートネックからの痛み」とは一生付き合っていくしかないと思いがちになりますから。

 

当院では患者様からお話しを聞いている間、その方の姿勢をそれとなく観察するのですが、この方は両肩が前方に出ていました。

これは骨盤の歪みが原因による、猫背の症状です。

肩甲骨の動きが悪くなります。

肩胛骨の動きの悪さは肩こりやクビの痛みに直結します。

この猫背や肩甲骨の状態を改善しないと、今の痛みを取り去っても根本改善にはならないと感じ、施術後は正しい姿勢をアドバイスさせてもらおうと思いました。

 

施術後は、おかげさまで首の痛みはなくなりました。

首の痛みは今日の施術でおそらくもう大丈夫でしょう。

施術後、「せっかくお越しいただいたので、肩が前に入らないような正しい姿勢をお教えします」とアドバイスしました。

簡単な意識づけですが、皆様その効果に「目が点」になるほどビックリされます。

健康雑誌に載っているような腰や首の角度がどうのというようなことは実行が不可能なことが多いですが、当院の「正しい姿勢の取り方」は、やる気があればだれでも簡単に実行可能です。

当院では、猫背は外力で改善させてもすぐに元に戻りますが、ご本人が日頃から正しい姿勢を心がければ根本改善が可能だと考えています。

この方も、正しい姿勢を日頃から意識して、猫背を改善され、首の痛みの再発のないことを期待いたします。

ありがとうございます。

 

 

関連する記事を読む: