今日、京都府の方のご紹介で来院された新患の女性。

わざわざ奈良市からお越しいただきました。

 

この方、椎間板ヘルニアと腰椎すべり症と診断され、11月にはすべり症の手術の予約をしているが、できれば手術は避けたいとのことでした。

2か月前には激痛で立つこともできず、1か月近く入院されたそうです。でも、今は、しばらく歩いたり、立ち仕事をするとふくらはぎと腰が痛くなるという症状です。

この程度の痛みで手術するかなあ~と思います。

それに、いかなる名医も完治は保障してくれませんし。

ご本人も同じ気持ちのようです。

特にすべり症の手術の場合、金属などで固定することがあり、これをしてしまうと、再発した場合どうしようもありません。再手術するか、一生痛みと付き合うか・・・・・

 

確認作業では、確かに腰椎4番がすべっていました。

起立筋もカチカチでしたが、特に大腰筋を中心に施術しました。

施術後はお尻の梨状筋の緊張もなくなり、腰の痛みや常時あった足先のしびれも消滅していました。

 

今日で完全ではないと思いますが、何回かの施術で、手術を回避していただければと思います。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: