大阪府八尾市の男性は頚椎ヘルニアの首、肩、肩甲骨の痛みと腕の痺れでお困りでした。

上を向くと辛いので、仕事にならないということでした。

痛みが発症したのは、当院に初めて来られる1か月ほど前で、その時は首だけが痛かったそうです。

なんとか治りたいという思いで整骨院に通われたそうですが、そのうち肩や肩甲骨にも痛みが出てくるようになり、腕もしびれてきたそうです。

そこで病院に行かれたわけですが、病院のMRIの検査結果の診断は頚椎4番~5番のヘルニア。

痛み止めや血流を良くする薬などをもらい、リハビリにも通ったそうですが一向に良くならないということで、インターネットで調べて当院を知りお越しになったそうです。

 

頚椎ヘルニアの来院で一番多いのは頚椎5番~6番のヘルニアで、次に多いのは頚椎6番~7番のヘルニアです。

頚椎4番~5番のヘルニアというのは比較的珍しい症例でした。

病院で頚椎ヘルニアと診断されると、「一生痛みと付き合うしかないかも?」とか「手術しないと治らない」とか思いがちで、ヘルニアと診断されたこと自体がストレスになることも少なくありません。

そのストレスが症状の改善のブレーキにもなります。

でも、ヘルニアが痛みの原因になることは少なく、痛みの原因は筋肉や筋膜に有ることが多いようです。

当整体では、土台である骨盤の歪みを正し、頚椎、胸椎、腰椎という背骨を正しい位置に戻し、痛みの原因となる筋肉の緊張を正常にすることで、8割以上の方が痛みのない生活に戻られています。

 

この方の場合も、初回の整体で頚椎ヘルニアの痛みは大幅に軽減し、腕の痺れはなくなりました。

3日ほどで痛みは再発したそうですが、ヘルニアの場合は痛みの戻りは想定内です。

2回目の施術後は痛みの戻りはなく、三回目の施術以降は普段の生活での痛みはあまり感じなくなられました。

4回目の施整体以降はほとんど痛むことはなくなったということなので、5回の整体でしばらく様子を見ることになりました。

このまま頚椎ヘルニアの痛みの再発がないことをお祈りいたします。

感想文をいただきました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: