先日ヒーリングメニューを受けられた京都市の男性からメールをいただきました。

この方の症状は、倦怠感、やる気のなさ・・・・・

身体からエネルギーが漏れているような感じだとおっしゃいました。

 

●ヒーリングの感想
「じつは前々からヒーリングには興味があったのですが、1回12,000円という料金に二の足を踏んでおりました。

しかし、夏ばてやら仕事がらみのストレスやらで体調がガタガタになってしまいました。近所のエネルギー療法に行っても、医者に行っても調子が良くなりません。

しかも、週末には東京出張があるので、高いだの何だの言っていられなくなり、久保先生に頼ることにいたしました。

 

まずは問診&不調な部分のチェックをしてもらいます。その結果、小腸と大腸の調子が良くないという結果が出ました。これは予想通りです。

しかし、小腸や大腸に異変が起こる「原因」は予想外でした。恐怖や不安・被害者意識などが腸に来るのだそうです。

…知らんかった。

 

次に体のゆがみなどをチェックしてもらいます。左足が右足より1cmほど縮んでいる上に、首も左に傾いているとのこと。

足の方は左かかとが右のかかとの上に当たるのでわかりましたが、首の傾きは自覚ゼロです。

さらに、背中も肩も首も凝りまくっているのですが、「ここ押したら痛いでしょ?」

「痛くないです」

「…」

「ヤバいですか?」

「ヤバいです。ふつうなら絶対痛いはずですから」

 

凝りや歪みを取ると共に、頸椎と頭蓋骨の間が詰まっているのを弛めてもらいます。しばらく経つと、背骨沿いに背中や腰が温かくなってきました。

頸椎と頭蓋骨の間を弛めたので脳脊髄液の流れが良くなったのだそうです。ここの隙間が詰まっていると脳みへの血流も悪くなるので、気力体力もなくなって当然です。

さらに小腸や大腸を司る胸椎の下から腰椎にかけても凝りを弛めていただき、ついにヒーリング本番です。

 

横になった状態で手のひらを上に向け、そこに大宇宙?のエネルギーを注入してもらいます。

しばらくすると、体が温まってきて、手のひらに妙な感覚を覚えます。左右の手のひらの上で空気の玉がグルグル回っているような。

エネルギー注入の間に、ストレスの元になっている想念を浄化していただきました。そんな事までできるのか!

 

施術はこれで完了しましたが、正直あんまりピンと来ていませんでした。茨木市駅の階段を上るまでは。

え? 足が軽い。階段をスイスイ登れるではないか!

いやいや、これくらいならよそでもあった事だ。喜ぶのはまだ早い。久保先生も「明日の朝を楽しみにしていてください」と言っていたではないか。

というわけで、その日は(止せばいいのに)ビールを飲んで寝ました。

 

翌朝起きて、ご飯を食べて、歯磨きをして、妻子が学校や職場に行くのを見送って、さあ…あれ?

おお、ちっともしんどくない。昨日まではこの時点でぐったりして一眠りしていたというのに。

仕事の用事があったので片道30分ほど自転車で行って帰ってきましたが、一寝入りしようかという気は全くありません。

すばらしい! ヒーリング万歳! ありがとうございます。」

 

良くなっていただき、本当にうれしいです。

ありがとうございます。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: