大阪市の女性は会食恐怖でお悩みでした。

昨年の8月に人生で大きなストレスのかかる出来事があったそうです。

そのころ多人数で食事をする機会があり、その時に恐怖感を覚え食べられなくなったのが最初だったらしい。

その後は症状がない日々だったが、半年前の今年の5月に食事中に恐怖感が再発したそうです。

心療内科で薬(アルマール)を貰い、それを飲むと食事ができていたが、最近はひどくなり薬が効かないらしい。

アルマールというのは血圧を下げたり手足の震えを抑える薬のようですが、この方は恐怖心で緊張し、手が震えたりしたのだろうと思います。

食事のことを考えるだけで気が重く不安になり、無理をして食べているが味がしないということでした。

大勢の人のいる食堂などでは特に食べられないということでした。

また、もともと小さいころから緊張しやすい性格で、緊張すると手が震えることもよくあったらしい。

 

 会食恐怖症も最初の発作時のトラウマを開放し、食事に対する恐怖心というネガティブな感情(ストレス)の浄化が重要です。

当院ではヒーリングメニューで行います。

 

初回ヒーリング後はあまり変化はなかったようです。

というよりも、ご本人が変化に気が付かないという事は良くあります。ですから、ヒーリングメニューの場合は初回で変化がないと思っても再度受けられることが必要です。

3回目ヒーリング後は3日間ほど恐怖心が生まれなかったそうです。

4回目ヒーリング後は1週間でドキドキしたのは1回だけという事でした。

5回目のヒーリングもとてもリラックスできて良い感じだったので、「これでもう大丈夫」と思いましたが、

「もう大丈夫かもしれませんが、もう一度だけお越しください」と申し上げました。

その後来られていません。

おそらく、食事に対する恐怖心なしに生活されているのだと思います。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: