今日2回目の来院の大阪府吹田市の男性。

主訴は会食恐怖症!

2年前に、心療内科で軽いうつ、会食恐怖症と診断されたそうです。

目上の人と食事をすると、緊張し、食事がのどを通らない。

吐いたらどうしようと、恐怖感がつのり、食べられなくなるとおっしゃいます。

ところが、鍋もののように、皆でつつく料理だと問題がないらしい。

「残したらいけない!」という強迫観念も影響しているらしい。

鍋ものだと、自分の持ち分がはっきりしていないので、食べてなくてもわからないので、安心のようです。

 

施術はヒーリングメニューで行いました。

ストレスやトラウマを筋力テストで確認し、整体で身体の歪みを正し、頭蓋骨調整で自律神経を整え、気のヒーリングでネガティブな感情を浄化しトラウマを解放しました。

初回施術後は会社の社長と食事をしたが、問題なく食べることができたそうです。

ただ、まだ、「吐くかもしれない!」と思う自分がいるということで、今日、再度のスピリチュアルヒーリングを受けられました。

今日はネガティブマインドの浄化とともに、ポジティブマインドをリセットしました。

おそらく、もう大丈夫だろうと、今日で卒業されました。

ありがとうございます。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: