今日椎間板ヘルニアで京都市から来院された新患の男性。

3年前に荷物を持っているときに左腰に痛みがでて、病院の検査ではL5~S1の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

その後整骨院に通って、椎間板ヘルニアの痛みは少しマシにはなっていたが、去年の6月に強い痛みが再発したらしい。

整形外科では牽引やブロック注射を受けたが良くならず、今年の7月上旬に椎間板ヘルニアの手術を受けたらしい。

手術後も椎間板ヘルニアの痛みは変わらず、お医者さん曰く

「ヘルニアは取ったので椎間板ヘルニアは完全に治っています。痛みが取れないのは、なぜかはわからない」

という説明。

いかに椎間板ヘルニアの名医といえど、痛みの原因はわからないということでしょうか。

しかし、「ヘルニアを取る」ことが手術の目的で、痛みの有無は手術の目的ではないというような説明をされるなら、怖くて手術に尻込みをしてしまいますね。

病院ではらちが明かないと思い、インターネットで調べて当院にお越しになったそうです。

 

当院で椎間板ヘルニアに対する整体を行い、骨盤の歪みや腰椎の歪みと正し、ポイントの筋肉を十分緩めました。

ストレスの影響もあったようなので、ストレスも浄化しました。

施術後は椎間板ヘルニアの痛みは完全になくなり、喜んでいただきました。

「痛くなければ、もう来なくてもいいですよ」と申し上げて、お帰りいただきました。

ありがとうございます。

椎間板ヘルニアが短期間で改善される理由 椎間板ヘルニアのページへ

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で椎間板ヘルニアのお悩みは、

どこよりも早く改善できる大阪茨木くぼ整体にお任せください。

関連する記事を読む: