頚椎ヘルニアで明後日の予約をいただいている大阪吹田市の男性から予約のキャンセルの電話がありました。

「もうすっかり良くなったのでキャンセルさせてください」ということでした。

この男性、1か月半ほど前に右腕が痺れだし、病院で頚椎症と診断されたそうです。

その後ジムでの運動中(水泳)に首に激痛が起こり、再度病院でMRI検査をすると頚椎5番6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

ステロイド注射や神経根ブロック注射、硬膜外ブロック注射などもその場は良くてもすぐに痺れが戻るということでした。

頚椎ヘルニアは何を受けても良くならないとお悩みのところ、最近は右腕の筋力が落ちてきていることに気が付いたということでした。

これは早く治さないと悪化するかも?と思い、インターネットで調べた当院にお越しになりました。

 

全身の要所の筋肉を緩め、骨盤を正し、頚椎を矯正しました。

胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲拳筋、僧帽筋、小胸筋、鎖骨下筋などに問題があり、頚椎5番と6番の間にヘルニアの反応がありました。

初回の整体後は頚椎ヘルニアのしびれも軽減し、腕の力も入るようになったようです。

明後日は3回目の整体の予定でした。

結局2回の整体で頚椎ヘルニアの筋力低下が完全によくなられたようです。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: