大阪市から来院の男性。今日が頚椎ヘルニアで3回目の来院でした。

この方は2か月ほど前から両手の平がしびれだし、脚の裏もジーンとした感じがするらしい。

整形外科の病院のMRI検査では、頚椎5番6番のヘルニアと診断されたそうです。

頚椎5番と6番の間のヘルニアは一番多くみられる部位です。

 

確認すると頚椎5番6番に変位がありました。

ヘルニアの反応もありました。

頚椎椎ヘルニアからの腕や手の痺れの場合、右か左かどちらかに症状が出ることが多く、両腕や両手がしびれる方は少ないです。

おそらくヘルニア自体の突出が真後ろに近い状態ではないかと想像しました。

また、頚椎の異常から足に症状が出る事はまれで、この方の場合も足の痺れは腰からの可能性が高いと判断し施術を組み立てました。

 

頚椎ヘルニアに対する整体で全身の要所の筋肉を緩め、骨盤を正し、頚椎、腰椎の矯正を行い、ストレスを浄化させていただきました。

初回整体で頚椎ヘルニアの手の平のしびれはかなり小さくなり、脚の裏のしびれもなくなったようです。

2回目の施術以降は、手の平のしびれは感じなくなったということでした。

今日の3回目の施術で、一応頚椎ヘルニア卒業となりました。

再発の無いことをお祈りいたします。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: