寝屋川市から2回目の来院の男性。

この方は2か月ぐらい前から右肩がしびれだし、しびれはだんだんひどくなり、右手の親指まで痺れるようになったらしい。

整形外科病院のMRI検査では頚椎椎間板ヘルニア。

右肩の痺れと同時期から、車を運転中に動悸や息苦しさが出るようになったそうです。

最近は車の運転は常に不安感があり、息苦しいということでした。

運転恐怖症という症状です。

普通の道路では運転できても、高速道路や高架、渋滞が駄目という症状の方もおられます。

 

頚椎椎間板ヘルニアと運転恐怖は関連がないように見えますが、この方の場合は頚椎ヘルニアの症状への恐怖感不安感が心の症状を引き起こしたと考えます。

 

初回の施術はヒーリングメニューで行いました。

初回の施術後1週間は車の運転でのパニック症状は出ていないということなので、2回目の今日は整体メニューで頸椎ヘルニアを主に施術しました。

車の運転のパニック症状、不安感はもう大丈夫でしょう。

頚椎ヘルニアの症状はあと1回で大丈夫だと思います。

ありがとうございました。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: