大阪府門真市の頚椎ヘルニアの男性。

去年の12月から左手の1~3指が頻繁に痺れだしたらしい。

病院のMRI検査で頸椎5番~6番と頚椎6番~7番の頚椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

首を左へ倒したり、上を向くと首から左肩甲骨、左上腕に痛みが走り、左前腕と左手1~3指は常にしびれているという状態で当院に来院されました。

病院のMRIで頚椎椎間板ヘルニアと診断された方の典型的な症状です。

通常、頚椎ヘルニアの方は、首を痛む側の斜め後ろにもっていった時に一番強く症状が出ます。

当院の頚椎ヘルニアに対する整体では、腕の痛みや痺れ、肩甲骨の痛み、指の痺れという順番で症状がなくなっていくことが多いです。

 

頚椎ヘルニア整体では全身の筋肉の緊張の緩め、ヘルニアへの圧迫を軽減し、骨盤矯正、頚椎調整、ストレス浄化を行いました。

初回の整体の後は首を動かした時の痛みはなくなったようです。

2回目の整体の後は、前腕の痺れもパソコンに向かうときだけになったらしい。

今日の4回目の整体で、「しばらく様子を見ます」ということになりました。

このまま痛みのない状態が続くことをお祈りいたします。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: