椎間板ヘルニアの大阪府茨木市の女性。

今日が2回目の来院でした。

今年の1月に腰が痛くなり、整骨院に1週間毎日通うが良くならず、逆に痛みが強くなり動けなくなったらしい。

椎間板ヘルニアの急性期に刺激を与えたことにより、痛みが悪化したのかもしれません。

あるいは、無茶な施術をされたのかもしれませんが。

整形外科のレントゲンでは腰椎4番5番の椎間板ヘルニアと診断される。

腰椎4番~5番の椎間板ヘルニアは、突出位置としては一番多くみられるようです。

その後、徐々に痛みはましになってきたが、右の腰の鈍痛が治らず、右脚の膝から下に痺れがでるようになったらしい。

右脚1指に違和感があり、触ると左とは感覚が違うということでした。

 

椎間板ヘルニアの直接の原因となる腰背部や骨盤周りの要所の筋肉を緩め、骨盤、脊椎の歪みを正し、ヘルニアをもとの位置に戻し、ストレスを浄化しました。

初回整体後は腰の鈍痛はなくなり、膝から下の痺れも消滅したそうです。

今日の2回目の整体後は、右足1指の違和感や触った時の感覚異常もほとんどなくなりました。

念のため、もう一度来院していただくことにしました。

ありがとうございます。

椎間板ヘルニアが短期間で改善される理由 椎間板ヘルニアのページへ

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で椎間板ヘルニアのお悩みは、

どこよりも早く改善できる大阪茨木くぼ整体にお任せください。

関連する記事を読む: