今日来院された吹田市の女性。

右首にコリがあり、右腕に痛みが走るらしい。

病院では胸郭出口症候群と診断されたようです。

鎖骨下の筋肉を押すと右腕に電気が走るとおっしゃいます。

病院では、ストレートネックを通り越して、頚椎のカーブが逆になっていると言われたそうです。

病院で医師にネガティブな呪縛を欠けられることは良くあるようですが、そういうケースですね。

 

病院ではよく首や肩の症状はストレートネックが原因だと診断されることがあるようです。

当院はそうは考えてはいません。

ストレートネックは遺伝的な場合もありますし、突然なるものでもないからです。

当院の施術はストレートネックを意識はしませんが、首の痛みや肩の痛みは解消していただけます。

筋肉を正常にし、身体の歪みを正すことで結果的にストレートネックが改善することもあります。

 

このかたへの施術は、必要な部位の筋肉を緩め、骨盤を正し、頚椎を矯正しました。

特に前の筋肉、小胸筋、大胸筋、鎖骨下筋などを十分に緩めました。

施術後は鎖骨下の圧痛もなくなり、首の可動域が改善し、腕の痛みもなくなり、楽になっていただけたようです。

念のためもう一度来院いただくことにしました。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: