今日来院された新患の男性は、9年前から腰痛やぎっくり腰を繰り返し、そのうち左のお尻が痛むようになったらしい。

H大病院で脊柱管狭窄症と診断されて、7年前に腰椎4番~腰椎5番の間を内視鏡手術したといいます。

痛みは全く変わらず、H大病院で6年前に今度は腰椎1番~2番と腰椎2番~3番の二か所を内視鏡手術された。

その後も痛みが変わらないと医師に言うと、「身体はどこも異常はありません。頭の中に残っている痛みのせいです!」と言われたらしい。

その後は、別の病院で坐骨神経痛という診断を受けて、ブロック注射などの治療をうけたらしい。

この何年かは、冬場は痛むが、温かくなるとマシになるという状態だったが、今年は暖かくなっても痛みがひかないらしい。

10日前にラジオ体操をしている時に、今度は右のソケイ部に痛みが走り、ソケイ部から右ふともも前面が常に痛く、右膝には力が入らないという状態。

鍼に4回通うも全然よくならないらしい。

右と左のダブルの痛みに耐えかねて、当院に来院されたということでした。

 

施術後は、座っている時の9年来の左のお尻の痛みは消滅。

右ソケイ部の痛みも股関節の矯正で消滅。

右膝にも力が入るようになりました。

「次はいつ来たらいいですか?」とおっしゃるので、

「うまくいけばこのまま治ってしまうんですから、2~3日様子を見てください」と言って、お帰りいただきました。

 

関連する記事を読む: