頚椎ヘルニアで通院された男性。

奈良県生駒市から通っていただきました。

この方の頚椎椎間板ヘルニアの症状は2年前から続く症状だそうです。

病院のMRIで頚椎3番4番の頚椎ヘルニアと診断されたらしい。6年前には頚椎6番7番の頚椎ヘルニアと診断されたこともあるとか。

 

頚椎ヘルニアは頚椎5番~6番が多く、続いて多いのが頚椎6番~7番です。

頚椎3番~4番のヘルニアというのは珍しい部位です。

症状は左の首から肩への痛みと左腕の痺れという症状でした。

 

当整体の頚椎ヘルニア施術では、全身の要所の筋肉を緩め、骨盤など身体の歪みを正します。

全身の筋肉は連動しているので、首や肩だけを施術しても痛みの戻りを繰り返すこととなるからです。

 

この方の場合は、初回の施術でしびれの頻度が減ったようです。

3回目の施術後は痛みやツッパリ感はなくなり、たまに左腕に弱いしびれのような違和感が出る程度になられたようです。

今日の4回目の整体で、しばらく様子をみるということになりました。

このまま完治されることをお祈りいたします。

ありがとうございました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: