首の痛み、頭痛、左腕のしびれで4回目の来院の男性。

和歌山県田辺市という遠方から週に一度の間隔で通院いただきました。

この方の症状は2年前かららしく、職業柄疲れると症状が強くなり辛いということでした。

病院のレントゲンでは頸椎の間が狭いという診断をされたらしいです。

MRI検査なら頚椎ヘルニアと診断されていたかもしれません。

 

全身の筋肉を緩め、骨盤を整え、頚椎の矯正を行いました。

時に僧帽筋、肩甲拳筋、斜角筋、胸鎖乳突筋などの筋肉を十分ゆるめました。

初回の施術で腕のしびれや首の痛み、頭痛はなくなり、しびれは手の甲と指3本だけになったようです。

3回の施術を終わってからは、疲れにくくもなり、たまに腕が重くなったり手がしびれたりするようですが、「すごく楽になった」と喜んでいただけました。

遠方のこともあり、今後は月に一度の予防施術に変えるということでした。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: