今日4回目の来院の男性は近郊の守口市から来られています。

1か月半前に、スポーツ中に腰が痛くなり、「スポーツ整体」に2回ほど行って、痛みが強くなったとおっしゃいます。

腰は左右が常に重く、歩くと左右のお尻から太ももに痛みと痺れがでます。

右の足首は筋力がなく、反らすことができません。足首が反らないので、どうしても歩行がぎこちなくなります。

 

足首をそらすことができないという症状は、椎間板ヘルニアの方にときどき見られる症状です。

逆に、つま先立ちができないという症状の方もおられます。

椎間板ヘルニアの強い痛みが原因で足の筋力が低下する場合と、ヘルニアの脊髄への圧迫で足の麻痺がでる場合があります。

椎間板ヘルニアの痛みが原因の筋力低下は痛みの減少とともにほとんどが改善されます。

ヘルニアの脊髄への圧迫が原因の麻痺は、椎間を緩めヘルニアへの圧迫を減らしてやると改善する場合もありますし、改善が難しい場合もあります。

 

 

当院独自の整体で、必要な部位の筋肉をホグシ、骨盤調整、腰椎矯正を行いました。

初回の施術で右の腰とお尻と太ももの症状はなくなりました。

3回目の施術で、痛みやしびれは9割なくなり、右足の筋力もほぼ左と同じようになり、反らすことができるようになりました。

今日の施術後は、痛みはゼロになりました。

関連する記事を読む: