頚椎ヘルニアで今日が3回目の来院の茨木市の女性。

1か月ほど前の朝起きると、突然左肩甲骨から左腕に痛みが出たそうです。

痛みが治まらないので病院へ行くと、頚椎5番~6番の頚椎ヘルニアと診断されたらしい。

この方、今年の1月には腰椎5番~仙骨1番のヘルニアを内視鏡で手術し、その後は左足の踵の痺れがとれないということでした。

 

踵の痺れもあるということなので、頚椎ヘルニアの施術と同時に踵の痺れの原因となる骨盤や腰部も念入りに施術しました。

 

初回の施術後は頚椎ヘルニアの腕の痛みはなくなり、肩甲骨の痛みも緩和しましたが、踵の痺れは取れませんでした。

2回目の施術後は肩甲骨と腕の痛みはなくなり、肩に重さが残る程度になりましたが、踵の痺れはそのまま・・・

今日の3回目の施術で頚椎椎間板ヘルニアの症状は大丈夫だと思いますが、踵の痺れには「力及ばず」のような気がします。

椎間板ヘルニアの手術後の足裏の痺れは手術の後遺症の可能性もあり、改善は結構難しい場合もあります。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: