頚椎ヘルニアで昨日が4回目の来院の大阪市の男性。

もともとずっと前からパソコンをしていると指がしびれてきていたらしいですが、2月からは右腕に痺れと、ねじられるような痛みがでてきたそうです。

肩甲骨にも痛みがでてきたので病院へ行き、MRI検査で頚椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

痛みの表現には人によりいろいろありますが、ねじられるような痛みという表現は頚椎ヘルニアの痛みの表現としては的をえているような気がします。

この方の頚椎ヘルニアは上を向いた姿勢やパソコン作業の姿勢が辛いということでした。

 

当院の頚椎ヘルニア整体で緊張した筋肉を緩め、骨盤や身体の歪みを正し、頚椎の変位をソフトに矯正し、ストレスを浄化しました。

初回の施術後は、腕の痛みは消滅し、肩甲骨のつっぱり感を残すだけになりました。

その後、痛みやしびれは時々でるが、頻度も少なくなり、3回目の施術後は気にならない程度になったそうです。

昨日の4回目の整体で、「しばらく様子を見ます」といちおう頚椎ヘルニアを卒業されました。

もともとあったアレルギー性鼻炎もなくなっているようです。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: