今日神戸市長田区からお越しの女性。

この方は1年半前に、左肩甲骨と左腕にズキズキした痛みが発症し、病院では頚椎椎間板ヘルニアと診断されたようです。

ところが当院の2回の施術で頚椎椎間板ヘルニアの痛みはなくなりました。

その後は半年前に肩が凝るといってお見えになりました。

半年ぶりの今日の来院の主訴は「膝痛」でした。

体重をかけたり、階段の上り下りで右ひざの内側が痛むらしい。

ひざ痛の場合、階段の上り下りで体重の負担がかかり、特に階段を降りるときは普通に歩く時の7倍の負担が膝にかかると言われています。

 

右骨盤の筋肉がカチカチで、ひざ裏の筋肉や、大腿部の筋肉も緊張していました。

筋肉の緩めと膝関節の調整で痛みはなくなったようです。

長田区と言えば、今はルミナリエですね。

「ルミナリエに行かれましたか?」とお聞きすると、

「地元の人間は行きません。市外からの方ばかりです」とのことでした。

私は、県外ですが・・・行ったことがありません(笑)

ありがとうございます。

関連する記事を読む: