昨日3回目の来院の高槻市の男性。

1か月ぶりの来院でした。

この方、今年の3月から左ひじと左手に痺れが出て、病院のレントゲンでは「頚椎がずれている」と診断されたそうです。

来院時の症状は、左手は痺れと、握ると違和感があり、左肘も痺れているという状態でした。

 

左の首や肩の筋肉が相当緊張していました。

下部頚椎にも変位が見られました。

僧帽筋、肩甲拳筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、回旋筋などの必要な部位の筋肉を緩め、骨盤の歪みを正し、頚椎のズレをソフトに無痛で矯正しました。

初回の施術で痺れはなくなり、左手に少し違和感を残すだけとなりました。

念のため、もう一回お越しいただき、左手の違和感も完全になくなりました。

 

その後は痺れもなく、左手に少しだけ違和感があるという状態でしたが、1週間前から左肩甲骨に張りがあるということで、昨日お越しになったということでした。

ストレスが相当たまっていたようです。

施術後は肩甲骨の張りも手の違和感も消滅したようです。

もう大丈夫だと思います。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: