脊柱管狭窄症で今日箕面市から来院された新患の女性。

症状は、右脚の痛み。

2週間前の朝起きた時から右足の激痛が走り、どんな姿勢をしていても常時痛むといいます。

病院のレントゲンでは腰椎にズレがあり、腰部脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛と診断されたそうです。

四六時中痛みがあり、夜も痛み止めの薬を飲まないと眠れないとおっしゃいます。

 

当院の見立てでは、「ひょっとして股関節?」

要所の筋肉を緩め骨盤腰椎を正した後、股関節関連の筋肉を十分に緩めました。

股関節の調整後は痛みはなくなりました。

股関節にほんの少し違和感が残る程度。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と病院で診断された方の症状でも、原因は股関節だったということが時々あります。

案外股関節の亜脱臼を矯正すると一瞬で痛みや痺れがなくなることがあります。

このかたの場合もそうだったんだろうと思います。

多分もう大丈夫だと思いますが、多少の戻りがあってもあと1回でいいでしょう。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: