今日京都府長岡京市から来院された新患の女性。

主訴は2日前からの首の痛み。

この方、1年前に首に激痛が走り、首が動かせなくなり、病院のMRIで頚椎5~6番の頚椎ヘルニアと診断されたらしい。

その時は鎮痛剤、電気、鍼、牽引で痛みはなくなり、1年ほどは痛みは出なかったそうです。

2日前に朝起きると首に痛みがあり、痛む場所も去年と同じで、痛みで首が動かせないということで、「頚椎椎間板ヘルニアの再発か?!」と心配になったそうです。

当院での施術後は痛みはなくなりましたが、一度頚椎椎間板ヘルニアと診断されてしまうと、「いつ再発するか?」と不安を抱えることになるようです。

でも、ヘルニアがなくなるわけではないのに1年間痛みがなかったということは、ヘルニアが痛みの原因ではないという考え方も成り立ちます。

「もう痛みは取れたので大丈夫です。頚椎ヘルニアが原因とは限らないし、多分そうだろうから、あまり気にしないで普通に生活してください。ちょっとおかしいな・・・と思ったときにまた来てください」と申し上げて、お帰りいただきました。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: