今日枚方市から来院された新患の男性は、頚椎ヘルニアの首の痛み。

1年半前に首が痛くなり、病院のMRIで軽度の頚椎椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

その後は、頚椎ヘルニアの痛みはましになったものの、違和感はずっとあったらしいです。

3日前から急に痛みが強くなり、首を動かすと右首から右肩に強い痛みが走り、寝ている状態から身体を起こそうと思っても、自力で首を上げられない状態。

首の上下左右の可動域も極端に狭い状態でした。

1年前の病院での頚椎ヘルニアの治療を考えると、もっと早く治してくれるところはないものかと思い、当院にお越しになったそうです。

病院での頚椎ヘルニアの治療は鎮痛剤による保存療法と外科的手術のどちらかになるようです。

頚椎ヘルニアの痛みを早くなくし、根本治療を考えるなら整体を選択することは重要だと思います。

 

痛みと筋肉の緊張がお互いに増幅し合った状態でした。

当院の頚椎ヘルニア整体で全身の必要な筋肉を緩め、骨盤を正し、再度首肩の筋肉を十分に緩めたうえで頚椎を無痛でソフトに矯正しました。

施術後は可動域も正常になり、首を動かしたときの痛みはなくなったようです。

ありがとうございました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: