今日が頚椎ヘルニアで4回目の来院の寝屋川市の男性。

首の痛みは1年以上前からあったが、4か月前から腕や手に痺れが出だし、病院のMRI検査で頚椎5~6番と頚椎6~7番の頚椎ヘルニアと診断されたらしい。

この方の頚椎ヘルニアの症状は右腕と右手の痺れ、右首から右肩甲骨内側の痛みでした。

首の後屈や右側屈で症状が強くなるという頚椎ヘルニア特有の症状でした。

首の付け根の筋肉にシコリがあり、頚椎が変位していました。

病院でのリハビリでは改善しないので、どこか良いところはないかとインターネットで検索し当院を見つけお越しになりました。

頚椎ヘルニアは病院での保存療法を受けながら自然治癒する程度ならようですが、それ以上の症状になる場合は整体などの民間療法を試す必要があると思います。

 

当院の頚椎ヘルニア整体は必要な筋肉を緩めて正常にし、骨盤を正して、頚椎を矯正し、ストレスを浄化しました。

初回の施術後は痛みも痺れも消滅しましたが、その後軽い痛みや痺れが戻りを繰り返していました。

3回目の施術後は、痛み痺れはほとんど出なくなり、今回の施術で様子を見ることにされました。

頚椎ヘルニアを一応卒業です。

でも、おそらく、もう大丈夫だと思います。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: