今日、頚椎椎間板ヘルニアで3回目の来院の奈良市の女性。

このかたの症状は右手と前腕の痺れと痛み。

今年の1月にひどく肩がこり、2月から右手の親指と人差し指に締め付けられるような痺れと痛みがでてきたそうです。

その後は前腕も痺れるようになったらしい。

病院ではレントゲンで頚椎6番と7番の間が狭いので椎間板ヘルニアだろうと言われたそうです。

レントゲンでは椎間板は映りませんから、「だろう」という表現になるのでしょうが、熟練した医師にとってはレントゲンでもヘルニアを診断することは可能のようです。

 

初回来院時は、常時右手1~3指が痺れて痛み、時々前腕にも痺れと痛みがでるという状態でした。

当院の頚椎ヘルニア施術として、独自の筋肉緩めと骨盤矯正、頚椎の矯正、ストレスの浄化を行いました。

初回整体で、痛みはなくなり、痺れもほとんどなくなり、1~3指にピリピリとした違和感が残るだけになりました。

3回目の今日の整体で、そのピリピリ感も完全になくなりました。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: