昨日、大阪府吹田市から来院された新患の男性。

症状は頚椎椎間板ヘルニアからの左手の指の痺れでした。

2年前に左手の指が痺れだし、病院でMRI検査を受けると、頚椎5~6番のヘルニアと診断されたらしいです。病院で牽引治療などを受けたがよくならず、左手の親指と人差し指がそれ以来ずっと痺れているという状態でした。

 

要所の筋肉の独自の緩め、骨盤矯正、頚椎矯正、ストレス浄化を行いました。

整体後は指の痺れはなくなりました。

当院の頚椎椎間板ヘルニア施術では、腕の痺れや痛み→首から肩甲骨の痛み→手の痺れ→手の指先の痺れ、という順で症状が改善される方が多いです。

足裏やあしの指の痺れと同様に、指先というのは心臓から遠い位置にあり、血液の循環が悪くなりやすい部位なので、指先の痺れや麻痺感などは取れにくい症状です。

このかたの場合1回の整体で痺れが取れたのは、当院の整体との相性が良かったのだと思います。

もし症状の戻りがあっても、あと1回の施術で大丈夫だと思います。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: