今日奈良市から来院された新患の女性。

症状は右手の1~3指の痺れ。常時痺れていて、ひどくなると前腕全体がしびれるらしい。

1月に肩こりが異常にひどくなり、2月から指や前腕の痺れがでてきたそうです。

病院のレントゲンでは、頚椎6番~7番の間が狭いと言われたらしい。

MRIを撮っていれば頚椎椎間板ヘルニアと診断されたのではないかと思いますが・・・・・

身体の確認では、左骨盤上方変位。

左肩が下がり、頚椎は全て右変位でした。

左骨盤が上方変位している方は、体幹が左短縮で、右の肩が凝ったり、頚椎ヘルニアでは右側に症状が出ることが多いです。

特に頚椎1番の変位が大きかったです。

またストレスも溜めこんでおられたようです。

 

必要な部位の筋肉の緊張を緩めて正常化し、骨盤を矯正し、頚椎を矯正し、ストレスを浄化しました。

整体後は骨盤は整い、頚椎のずれは正常になり、右手の痺れは消滅しました。

多少の症状の戻りがあっても、あと1~2回で卒業だと思います。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: