今日、大阪府門真市から来院の新患の女性。

5日前の夜中に突然左肩から左腕が痛み出し、寝ていられない状態になったらしい。首を動かしても痛く、座っているだけで激痛が走るので3日間は寝たきりだったらしい。

病院に行くと内科では肺のレントゲンを撮って異常なし。整形外科では首のレントゲンも撮らず、「肩こりでしょう」と診断されたらしい。

痛み止めの注射を打ってもらって、なんとか座ることのできる状態になったといいます。しかし、どうしてレントゲンを撮らなかったのかなあ~ 良心的な医師なのか・・・・・? この症状、頚椎椎間板ヘルニアと診断された方の症状と同じなんですが・・・・・

 

当院に来院時も、座ってはいられるものの、首は全然左に向けない、まっすぐに前を向けない(下を向いていないと痛む)、腕を動かしても痛むという状態でした。また、左腕は右よりも冷たい感じがするらしい。

施術後は、首を動かしても、腕を動かしても、痛みはなくなっていました。左腕の冷感もなくなっていました。

良い結果がでて良かったと思います。

ありがとうございました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: