今日、大阪府高槻市から来院された新患の男性。

症状は、脚の痺れ。

4か月前から、右膝から下が足先まで常時痺れているらしい。

最初に行った病院では「血栓ができているから、血液外科へ行きなさい」と言われ、血液外科では「水が溜まっているから整形外科へ行きなさい」と言われ、整形外科では「水も少し溜まっているが、それが原因ではない」と言われたらしい。

その後大学病院で検査したところ、「何かができているが、それが原因とは思えない」と言われたとか。

結局、病院では原因が分からず、当院にお見えになったということらしい。

 

身体の歪みをチェックすると、右脚が2センチ短く、右肩も左より下がっており、結構な歪みがありました。

坐骨神経痛の痺れと判断し施術させていただきました。

身体の歪みを正し、骨盤周りの筋肉をゆるめると、痺れはなくなりました。

多少、痺れが戻っても、あと1~2回の施術で大丈夫だと思います。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: