今日、大阪府寝屋川市から来院された新患の男性は、奥様のご紹介でした。

症状は右肩の痛み。2年前から腕のあげおろしで痛みを感じていたが、1か月前からは痛みがひどくなってきたとおっしゃいます。

寝ているとき、夜中に疼いてⅠ~2度起きることもあるとか。

五十肩は発症直後であれば1~2回の施術で痛みはなくなりますが、放っておくと痛みで関節を動かさないため、関節周りの筋肉がどんどん固まっていきます。

こうなると痛みが完全になくなるまでに相当数の施術が必要になることが多いです。

また硬直した筋肉は寝ているときに特に血液循環が悪くなるため、夜中に疼いて目が覚めるということも良くあります。

 

筋肉を確認すると、上腕や肩甲骨周りの筋肉が疲労で緊張していました。

狭鎖関節や肩鎖関節にも異常が見受けられました。

骨盤を整え、首や肩、腕の必要な筋肉を十分緩め、狭鎖関節と肩鎖関節を矯正しました。

施術後は、腕のあげおろしでの痛みはなくなりました。

このまま、痛みが再発しなければ良いと思っています。

ありがとうございました。

関連する記事を読む: