良性発作性頭位めまい症は、朝起きたときや、前にかがんだ時など頭を動かすと回転性のめまいが起こります。

歩行時に浮遊性のふわふわしたふらつきを感じることもあります。

耳石が三半規管に入るのが原因とされ、通常は1か月ほどで治まることが多い症状です。

2014memai

先日、2回ほど来院された大阪市の女性。

症状はめまいとふらつきでした。

1週間前から回転性のめまいが激しく、首を前後、左右、上下、どの方向に動かしてもぐらぐら~っとするらしい。

歩行中は、足がふらふらし、地面が揺れるといいます。

前にかがむと、めまいで倒れることも・・・・・

病院では「良性発作性頭位めまい症」と診断されたそうです。

病院の治療ではらちが明かないと判断しインターネトで調べた当院にお越しになられました。

 

当院では病院で原因のわからないめまいは、

上部頚椎のズレと側頭骨の動きの悪さによる脳脊髄液の循環不良、

首や頭蓋骨の筋肉の緊張による血液循環不良などが原因だと考えています。

当院独自のめまいに対する整体で、必要な筋肉の緊張をとり、骨盤や上部頚椎を正し、頭蓋骨調整で側頭骨を調整すると、

ほとんどのめまいは3~4回で改善されています。

 

この方のめまいに対する初回の整体の後は、首を動かした時のめまいは消滅しました。でも、前にかがむと倒れそうになるという症状は残りました。

その後少し戻りはあったようですが、2回目の施術後は、前にかがんだ時のめまいやふらつきも解消しました。

頚椎と側頭骨の調整で改善されたということは、この方のめまいは良性発作性頭位めまい症ではなかったのかもしれません。

 

当院ではめまいの症状の場合、ほとんどの方が初回の施術後には症状はなくなります。

でも、ほとんどの場合早い人はその日のうちか2~3日後には症状が戻ります(再発します)

2回目の施術の後は戻りが遅くなったり、戻っても程度が軽減され、3~4回の施術後は症状の戻りがなくなります。

ほとんどの方が3~5回の整体で完全改善されます。

 

この人、耳鼻科でも漢方薬をもらったらしい。大の薬嫌い(西洋医学の)のようです。

職業を聞いて、びっくり!製薬会社の新薬の開発をしていたらしい。

「職業柄、薬のことはよく知っているので、よほどのことがない限り薬は飲みません!風邪なんかで、薬なんか絶対飲まないです!解熱鎮痛剤は特に!」とおっしゃいました。

薬のデメリットを知り尽くしているがゆえに、メリットがあったとしても絶対に飲まないということでしょうか・・・

めまいが数回の整体で改善する理由はこちらのページをご覧ください

関連する記事を読む: