ネガティブな感情=ストレスとなります。

ネガティブな感情にはいろいろありますが、

最も強いのは恐怖だと思いますが、怒りも相当なパワーがあると思います。

相当なストレスになります。

アドレナリンが沸々として、筋肉が緊張し、心臓は血液をドクドク送り込み、ひどいときは顔が赤くなり、動悸がバクバクします。

短時間で解消すればよいですが、恒常的にイライラを溜めることは身体にとって良いことではないでしょうね。

 

アンガーマネージメントというのがあるそうです。

テレビで見たので本を買って読みました。

dsc_0056

こういう本があるぐらいですから、怒りやイライラにお悩みの方が多いのでしょう。

怒りやイライラで人間関係を壊さないためのハウツウ本のようでしたが、忙しい現代人は、この本に書いてあることを実践するのは大変でしょうね。

でも、この本には怒りやイライラの原因とその解消法がさらっと書いてありました。

 

怒りやイライラの原因は、その人の「正義」らしいです。

つまり価値観です。

「正義」というと絶対的なものと思いがちですが、そうではないんですね。

正義は国によって違います。

正義は宗教によっても違います。

同じ国や宗教でも、生まれ育ちの環境や、親のしつけによってもその人の正義や価値観は変わってきます。

怒りやイライラというのは、

自分のこうあるべきだという「正義という価値観」と異なることをした他人の言動に対して発生します。

 

たとえば、電車やバスに乗ろうと並んでいるときに、自分の前に老人が割り込んできました。

「老人であろうが若者であろうが、等しく列には並ぶべき」と思う正義感は、怒りを生みますが、

「弱者である老人を優先するのは当たり前のこと」という正義感では腹も立ちませんから、怒りもストレスも生みません。

 

個々の国民の価値観の違いをすべて認めれば喧嘩や事件が絶えなくなるので、そうならないように国家は法律というものを定めています。

でも、その法律ですら解釈の仕方で違う考え方が出てくるので、なかなかすべてが丸くは治まりません。

 

自分の生まれ育った環境で培われた正義感、価値観というものはなかなか変えることはできませんが、

怒りやイライラを作らない方法としておすすめできるのは

「受け入れること」です。

 

今の自分を受け入れる

他人の考えを受け入れる

すべてを受け入れる

なかなかむつかしいことですが、これができれば怒りやイライラに悩まされることは減るように思います。(ゼロにはなりませんが)

 

今の自分を受け入れるのが一番むつかしいかもしれません。

「今の自分は、すべて今までの自分の意識の結果だ、これからの人生の教訓であり試練だ」ということを受け入れることが出来れば、

周りに対する怒りや不満も感じなくなれるかもしれません。

病気でも、不自由でも、辛いことでも、誰のせいでもない、自分の今までの意識や行動の結果だ、将来への糧だと受け入れてしまえば、案外ストレスにならずにすむかもしれません。

 

「今の自分を受け入れます、他人の考えを受け入れます、全てを受け入れます」

と常々心の中で唱えていれば、怒りやイライラやストレスを感じず、案外楽な人生を送れるかもしれません。

 

 

 

 

 

関連する記事を読む: