当院のホームページのアクセスを見ていると「頚椎ヘルニア めまい」という検索が結構あるようです。

ということは・・・

めまいの原因が頚椎ヘルニアだと思っている方が結構多いようですね。

医者がそういうのでしょうか?

ネットで見ていると、医者はそうは言わないようです。では、誰がそんなことを言っているんでしょうか?

2014memai

 

当院は腰や首のヘルニアの方の来院が7割以上で、次に多いのがめまいふらつきです。

頚椎ヘルニアで当院に来院される方にめまいやふらつきを訴える方はほとんどおられません。

めまいふらつきで来院される方に「頚椎ヘルニアからのめまいなんです」と言う方もほとんどおられません。

 

頚椎ヘルニアの発症する部位は頚椎5番~6番が圧倒的に多く、次が頚椎6番~7番です。中には頚椎3番~4番や4番~5番という方もおられます。

頚椎ヘルニアが発症しやすいのは下部頚椎です。

首を動かす時に一番負担がかかるのが下部頚椎だからです。

 

めまいの原因はいろいろあります。

内耳が原因のものや、脳に問題があるものもあります。

当院にめまいで来られる方は耳鼻咽喉科や脳外科の検査では異常なしと診断された方なので、ほとんどの方のめまいの原因は頚椎であることが多いです。

こういう場合、めまいの原因は上部頚椎にあります。

頚椎1番や2番です。

頚椎1番や2番の変位を正し頭蓋骨を調整すれば、めまいはなくなることが多いです。

 

頚椎ヘルニアの原因は下部頚椎で、めまいの原因は上部頚椎。

ですから、頚椎ヘルニアとめまいの因果関係はよくわかりません。

「頚椎ヘルニアとめまいは関係ない」という医者の考え方のほうが納得がいきます。

「頚椎ヘルニアが原因のめまいがある」というのは、頚椎の歪みがヘルニアを発症させ、まためまいも発症させるということなら納得がいきます。

大本の原因は頸椎の歪みで、ヘルニアもめまいもどちらも「結果」であるということだと思います。

ですから、めまいの原因はヘルニアではなく頚椎の歪みであり、頚椎の歪みはヘルニアも発症させることがあるというのが正しいでしょう。

 

めまいも頚椎ヘルニアもどちらも当院の得意分野です。

当院では頚椎ヘルニアの方でも、めまいの方でも、上部から下部までの頚椎すべてを正します。

また、頚椎の調整だけでは再発しやすいので、骨盤、腰椎、胸椎なども正して、早く改善し再発の無いことを心がけています。

ですから原因や因果関係がどうであれ、めまいもヘルニアもどちらも良くなっていただけると思います。

めまいが数回の整体で改善する理由はこちらのページをご覧ください

関連する記事を読む: