今日、腰痛で京都市伏見区から来院された新患の男性。

1週間前に座って長時間仕事をしたあと右のお尻に痛みが出たらしいです。

翌日にゴルフに行くと痛みが強くなり、最後までプレイできなかったとか。

その翌日、行きつけの鍼を受けると、その場は良くなったのですが、夜からは立てないほどの腰痛になったらしい。

昨日までは、ずっと寝たままで、今日、やっと立って歩くことができるようになったらしい。

痛む場所は仙骨中央ということでした。

 

鍼で悪化したということはあまり考えられないので、症状自体がよほど根深いものだったと思います。

鍼治療の後に痛みが強くなったのも好転反応の一種かもしれません。

長時間座って仕事をしたことも原因ではなく、腰痛が起こる「きっかけ」だったのでしょう。

 

仙骨の腰痛の原因は下部腰椎にあることが多いです。

要所の筋肉を緩め、骨盤、腰椎の矯正を行いました。

施術後は腰痛はなくなり、無痛でお帰りいただけました。

おそらく、自分の治癒力で治す段階に入ってきていたのでしょう。

こういう方は、1回で痛みがなくなるケースが多いようです。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: