大阪府吹田市の女性は比率神経からの動悸、夜が眠れない不眠、食べ物が食べられないという症状でお困りでした。

当院の4回のヒーリングで日常生活ができるようになられました。

体験談を頂きました。

panikku15

院長コメント

当院にお越しになる三か月前に突然自宅で動悸、吐き気、頭痛に見舞われたそうです。

脳外科のMRIでは異常がなく、整形外科ではストレートネックと診断されたそうです。

その後はたびたび同じような症状が起こり、当院に来られる一週間前からは胃が気持ち悪くて食事が食べられなくなり、動悸と気持ち悪さで夜が眠れないということでした。

 

当院のヒーリングメニューではまずお話を十分聞き、その後筋力チェックで過去のストレスやトラウマを確認します。

この方は三か月前に御家族の病気への大きなストレスがあったそうです。

また過去にも過呼吸の発作があったということで、過去のトラウマも重要だと思いました。

愛犬の死や親友が無くなったというトラウマが残っていたようです。

そして、これはパニック障害の方によくみられることですが、阪神大震災のトラウマもありました。

 

筋力チェックによる脳の大脳基底核や脳幹、間脳でも自律神経の反応がありました。

 

身体の方は、身体の軸や骨盤が狂っていて頚椎に胸椎に変位がありました。

 

初回ヒーリングの後は吐き気がなくなり、食事が食べられるようになり、夜も眠れるようになったそうです。

三回目のヒーリングの後は動悸も感じなくなり、日常生活が元通りに過ごせるようになったそうです。

四回目のヒーリング後は、安定されたと判断し、間隔をあけたメンテナンスヒーリングに切り替えました。

関連する記事を読む: