大阪府高槻市の男性は椎間板ヘルニアの激痛で眠れない、歩けないという症状で会社も休んでおられました。

ロキソニンが効かず、リリカを服用されておられました。

5回の施術で痛みは感じなくなられましたが、体験談を頂きました。

tuikannbann20

 

院長コメント

大阪府高槻市の男性は10日ほど前から持病の腰痛が悪化し、足まで激痛が発症し、整形外科では椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と診断されたそうです。

ロキソニンでは痛みが緩和されず、リリカに処方を変えてもらったそうです。

横になってじっとしていてもズキズキ疼き、まともな睡眠がとれず、自力で歩くのもやっとで、会社を休職されていました。

初めて当院に来られた時も腰を伸ばせない海老のような状態で這うようにしてなんとかやってこれたという状態でした。

 

体の軸を整えて、骨盤周りの筋肉(足の痛みの原因)を緩め骨盤を正しました。

腰椎の支持筋も緩め、腰椎を矯正しました。

椎間板ヘルニアに対するストレスもリセットしました。

 

初回施術の後は腰を伸ばして歩けるようになりました。

2回目の施術後はリリカなしで眠れるようになり、仕事にも復帰できました。

3回の施術で痛みは大幅に減りましたが、痛みが減ったことで足の筋力が低下していることに気が付いたそうです。

4回目の施術では椎間の圧迫を取り、ヘルニアを元に戻すような施術を行いました。

5回の施術で痛みは感じなくなり、筋力も元に戻ったそうです。

6回の施術以降は、間隔をあけた定期的なメンテナンス施術をお勧めしました。

椎間板ヘルニアが短期間で改善される理由 椎間板ヘルニアのページへ

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で椎間板ヘルニアのお悩みは、

どこよりも早く改善できる大阪茨木くぼ整体にお任せください。

関連する記事を読む: