大阪府豊中市の男性は頚椎4番の椎間板ヘルニアと診断された左肩甲骨の痛みと左腕のだるさ、左手のしびれでした。

4回の施術で症状は完全に改善されました。

体験談を頂きました。

keitui25

 

院長コメント

当院にお越しになる半年前から後頭部や首、肩に痛みがでて、脳のMRIでは異常なし。

整形外科では頚椎の4番の椎間板ヘルニアと診断される。

左肩甲骨に張りがでて痛く、左腕は重くだるく、左手が痺れているという症状でした。

 

左脚が短く骨盤にゆがみがありました。

肩甲挙筋に緊張がありました。

骨盤を正し、必要な筋肉を緩め、頸椎を無痛でソフトに矯正しました。

初回から順調に改善され、2回目の施術後は左肩甲骨の痛みは無くなったようです。

4回目の施術後は当初の症状はほとんど感じなくなられました。

 

その後右腕のだるく重い症状が発症。

頚椎6番が原因でした。

そして掃除をしているときに脚立から落ちて首をひねり、右肩甲骨にじっとしていても疼く強い痛みが発症。

胸椎1~2番でした。

3回の施術で右の肩甲骨の症状は落ち着き、その後は通院されていません。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

 

関連する記事を読む: