右肩甲骨から右腕の痛みと、右腕の筋力低下で5回通院いただき完治された東大阪市の男性から体験談を頂きました。

keitui22

 

院長コメント

当院にお越しになる2か月前に急に腕が痛くなる。

鍼に行ったがよけいに痛くなり病院へ。

レントゲン検査で首のヘルニアと診断される。

そのうち、痛みが少し軽減すると肩甲骨から指先までのしびれと痛みが出てきた。

地元の整体に15回通って少しましになったが、仕事を再開すると痛みとしびれも再発した。

その後、整骨院に行き、首をボキボキされて余計に痛みがひどくなる。

そんな状態でお越しになりました。

 

骨盤は右が上がっていて、頸椎6番に変位がありました。

頚椎6番~7番の頚椎椎間板ヘルニアの症状のようでした。

上を向いたり、右を向くと痛みが強くなります。

また右腕は筋力が低下していて、腕立て伏せができない状態でした。

 

骨盤を正し、無痛ポジショナル操法で必要な筋肉を緩め頚椎を矯正しました。

胸郭出口も緩めました。

初回施術後は痛みとしびれは少し緩和されたようです。

2回目の施術以降は痛みとしびれは大幅に改善しました。

4回目の施術以降は腕立て伏せもできるようになり、痛みとしびれはほとんどなくなりました。

6回目の施術は「もう大丈夫です」とキャンセルされ、5回の施術での終了でした。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: