昨日が3回目の京都市の男性。

症状は、15年前からの右坐骨神経痛と、3年前からの左頚椎椎間板ヘルニア。

3年前にスノーボードでジャンプして回転した時に左腕に電気が走るような痛みがおきたらしい。

それ以後上を向けなくなったといいます。

レーザー治療で痛みは少しマシになったが、痛みは常時あり、上が向けない、上を向いて寝れない、座っているとすぐ痺れてくるという症状でした。

 

頚椎ヘルニアの改善に必要な筋肉をホグシ、骨盤から身体のゆがみを整え、頚椎の変位を無痛でソフトに矯正しました。

初回施術後は、「上を向いて寝れるようになった」と喜んでいただきました。

2回目施術後は、痛みやしびれはほとんど気にならない程度になったらしい。背中を丸めて上を向いた姿勢(仕事の姿勢)ではまだ痛みが出るといいます。坐骨神経痛の痛みも気にならない程度になったとか。

昨日の3回目の施術後は、背中を丸めて上を向いても痛みはなく、坐骨神経痛の違和感もなくなりました。

4回で卒業されました。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

関連する記事を読む: