大阪市都島区の女性は首から肩甲骨の痛みとしびれで通院いただきました。

1か月ほど前から首から肩甲骨にかけての痛みが発症し、整骨院に通うと痛みやしびれは解消したが、その後腕の重さとしびれが発症したらしい。

整形外科を受診し、レントゲン検査では頚椎5番と6番の間が狭く頚椎椎間板ヘルニアの疑いと診断される。

症状がだんだん重くなり、肩甲骨の痛みも再発し、整骨院に何度も通うも良くならないので1週間前にMRIを撮ったところ頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断される。

病院や整骨院の治療では埒があかないと思いインターネットで知った当院にお越しになりました。

初診でお越しいただいたときは、肩甲骨と右腕が重く怠くしびれと痛みがあるという状態でした。

スポーツクラブの顧問をされているが、自らは運動ができないとストレスを溜めておられました。

首の動きとしては上を向いたり、首を右に倒したりすると痛みやしびれが強くなり、首を右斜め後ろにもっていくと痛みやしびれが最も強くなるという頚椎ヘルニアに多い症状でした。

 

骨盤は右が上がっており歪みがありました。

普通、右に症状が出る人は左骨盤が上がっていることが多いのですが珍しい歪みでした。

骨盤の歪みを正し、無痛ポジショナル操法で頚椎の関連筋を緩め頚椎5番~6番の間の圧迫をとり、頚椎のずれをソフトに矯正しました。

 

初回施術後は頚椎ヘルニアの痛み痺れは数割改善されました。

3回の施術後は少ししびれを感じる程度に改善されました。

4回目の施術後痛みとしびれがまた強くなったそうです。

頚椎ヘルニアの改善過程としては、減った痛みやしびれが再発することは少ないのですが珍しいケースでした。

5回目の施術後は痛み痺れはほとんど感じなくなり、7回の施術でしばらく様子を見ることになりました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: