最近の事務作業はほとんどがパソコン相手ですね。

パソコンのキーボード作業やマウス作業では前腕や上腕の筋肉が疲労します。

前腕や上腕の筋肉疲労は肩こりとも密接に関係しています。腕の筋肉を緩めるだけで肩こりが解消することもあります。

そんな腕の筋肉の疲れを取るツボがあります。

 

経絡では大腸経に位置する手三里というツボです。

 

患者さんから腕の疲れを取る方法は?とか、肩こりを解消する方法は?と聞かれたら手三里の刺激をお勧めしています。

手三里の場所は、肘(ひじ)を曲げたときにできる横じわの外側の端から手の方向に指三本分のところで、腕が疲れているときや肩が凝っているときは押すと圧痛があります。

筋肉としては前腕の筋肉である長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋を刺激することになると思います。

昔見たテレビ番組では、手三里のツボに鍼を打つと、肩の筋肉(僧帽筋)の血行がみるみる良くなっていくのをサーモグラフィーで紹介していました。

前腕の筋肉が緩むと同時に上腕の上腕三頭筋なども緩むのでしょう。

その結果肩から背中の筋肉である僧帽筋の血行が良くなりコリがほぐれるのでしょう。

 

自分でできる手三里の刺激の仕方としては、円皮鍼を自分張る、お灸をすえるというのも良いでしょうがもっとも簡単な方法は自分でマッサージするか磁気チップを貼る方法だと思います。

マッサージの仕方は、反対側の親指で手三里を押し、押したままで手首を回したり手をグッパーグッパーと開いたり閉じたりします。

押すだけでは筋肉は緩みません。押した状態で筋肉を伸び縮みさせてやることで早く緩んでくれます。

また、大腸経の始点である人差し指をグルグル回してやるのも良いでしょう。

 

小生も患者さんの腰や首や骨盤の筋肉の緊張を確認するのに手の中指を使うため、疲労すると中指が痛くなったりしびれたりしますが、そんな時は手三里に磁気チップを貼って寝ます。

翌朝には中指の痛みやしびれは無くなっていて、肩も楽になっています。

腕の疲れや指の痛み痺れ、肩こりなどでお悩みの方は一度お試しいただければと思います。

関連する記事を読む: