「なぜ健康な人は運動をしないのか?」という本。

1420547103255

タイトルにつられて買ってしまいました。

運動否定の本なのかと・・・

でも違いました。

成人病予防やがんキラーのNK細胞を活性化させるには中強度のウォーキングが必要だという本でした。

 

低強度の歩きを1万歩しても意味がない。

毎日1万歩以上歩いていたのに骨粗鬆症になったということもあるそうです。

高強度のジョギングをして健康を壊すこともある。

ジョギングにより動脈硬化になることもあるとか。

でも、中強度のウォーキングを一定時間行えばほとんどの成人病は予防でき、がん細胞を殺すNK細胞を活性化できるらしい。

中強度の早歩きを勧める本です。

 

中強度のウォーキングとはどういうものかというと、

一言でいえば「歌を歌いながらはキツイけれど、おしゃべりをしながら歩ける早歩き」だそうです。

当然年齢によって中強度のウォーキングの定義は違ってきますが、50歳以上であれば、一日トータル8000歩の歩きでそのうちの20分を中強度のウォーキングにすればいいらしいです。

 

小生の場合は、家から施術院までの往復の歩きが30~40分、施術院ではあまり歩かないので一日の歩数は9000歩ほどです。

家から施術院までの歩きを中強度の早歩きにすれば、何とかクリアーです。

営業のサラリーマンであれば楽に一日1万歩以上歩くでしょうから、そのうちの30分を中強度の早歩きにすれば簡単に達成できるでしょう。

 

そして、最近の万歩計には中強度のウォーキング時間を表してくれるものがあります。

1420547283004

テルモの万歩計は一日の歩数、中強度の歩行のトータル時間や時間帯、歩いた距離、消費したカロリー、基礎代謝を足した消費カロリー、などがわかります。

3000円弱と安いのですぐにアマゾンで購入しました。

やはりこういうツールがあると実践するのも楽しいですから。

しばらくこれで遊びながら試してみます。

 

 

 

 

関連する記事を読む: