冬になると肌がかゆくなりますね。

小生も若い頃は肌のかゆみとは無縁でしたが、4~5年前からはお付き合いしています。

テレビの健康番組でも乾燥肌をテーマにしたものがいくつかありました。

出演している女医が同じというのも面白い(笑)

 

小生の乾燥肌対策は、お風呂に乾燥肌用の入浴剤を入れる、風呂上りには乳液を塗る、という程度ですが、それでは十分ではないそうです。

乾燥肌対策は、お風呂と食事が大事だとか。

お風呂は暑すぎてはダメ!38度ぐらいに15分浸かるのが良いそうです。

小生、42度で5分です・・・

 

ゴシゴシこするのもダメ!一番いいのは手で優しく洗うのが良いらしい。また、毎日石鹸で洗う必要はないそうです。週に2度で良いとか。

小生シルクのタオルでソフトにこすっています。一応無添加石鹸使ってます。毎日ですが・・・

入浴剤は炭酸がよいそうです。炭酸水は皮膚への浸透率がすぐれているそうな。

重曹、クエン酸、塩を入れれば自宅で入浴剤が作れるらしい。

小生の自宅ではメンソレータムの入浴剤・・・

 

食事は酵素が大事だそうです。コラーゲン(タンパク質)などの栄養を吸収する小腸の状態を正常にするために。

果物が良いそうです。果物は食後ではなく食事の前に摂るのが良いらしい。

糠漬けの漬物や納豆やヨーグルトなどの発酵食品も良いそうです。

小生、普段は朝食は果物と青汁だけなので合格でしょうか?その後のタンパク質は朝食では摂りませんが・・・

 

酵素とタンパク質以外にはビタミンAと亜鉛が大事だそうです。

ウナギ、牡蠣ですね。

小生ウナギは高いので一年に一度、夏の土用の丑の日しか食べません・・・

乾燥肌対策、乾燥肌でお悩みの方は、できる範囲で実践すればいいのではないでしょうか?

特に酵素や発酵食品で小腸を正常にすることは免疫力にも好影響大です。

免疫は小腸と胸腺で作られますから。

ヤクルトもおすすめです。

 

あと、睡眠も大事でしょうね。

自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを正常に保つことも大事でしょうから。

自律神経には延髄が影響大です。首や肩を凝らせないことも大事だと思います。

 

乾燥肌用の乳液にはあるルールがあるそうです。

入浴で潤った皮膚を保つには乳液は、風呂から上がってから5分以内に塗らないといけないそうです。

5分以上たつと、せっかく入浴で潤った皮膚が乾燥を始めるそうです。

5分ルールですね。

 

乾燥肌には全く関係ないですが、大阪には3秒ルールというのがあります。

床に落ちた食べ物でも3秒以内に拾えば問題なく食べられるというもの。

この3秒ルール、小生、外ではしませんが、自宅では実践しています(笑)

関連する記事を読む: