大阪府堺市の女性は、立てないほどの激痛が1回で治ったという珍しいケースでした。

当院の椎間板ヘルニア施術の体験談を頂きました。

tuikannbann18

 

院長コメント

椎間板ヘルニアの激痛をなんとかしたいという思いで、遠方の堺市からご主人の運転の車で1時間以上かけて来て頂きました。

2か月前から太ももが痛くなり、1か月前からは痛みが強くなり、病院のMRIでは椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

その後痛みは一時的に治まりしびれのみが残っていたが、4日前から椎間板ヘルニアの激痛の再発で歩けなくなったそうです。

 

お尻から膝までの強い痛みと足のしびれで、立つのもやっとという状態で、前屈は全くできない状態(少しも前に屈めない)で後屈も激痛が走るということでした。

左骨盤に変位があり、梨状筋、大腰筋、多裂筋、方形筋に強い緊張があり、腰椎4番5番にも変位がありました。

必要な筋肉を独自のゆらし操法で緩め、椎間板への圧迫を緩和し、骨盤と腰椎を調整しました。

 

初回施術後は椎間板ヘルニアの痛みの自覚症状に変化はなかったようです。

これは椎間板ヘルニアの急性期の痛みかもしれず、当院での改善は難しいかもしれないと思いました。

でも、人によっては翌日からどんどん改善する方もあるので、希望は捨てずにおこうと考えました。

そこで、「2~3日様子を見てください。翌日から効果を感じる方もおられます。2~3日して良い方向での変化を感じるならもう一度お越しください。2~3日しても全く変化がない場合は当院での改善は難しいかもしれません」と申し上げ、お帰りいただきました。

 

施術の3時間後、自宅で急に立ち座りの痛みが和らいだそうです。

2~3日でどんどん痛みは減っていき、再来院のお電話を頂きました。

初回施術から1週間後の2回目の来院時には痛みは嘘のように無くなっていました。

 

椎間板ヘルニアの激痛が1回の施術で改善したという珍しいケースでした。

また、施術直後は全く変化を感じず、後から効果がでてくるという珍しいケースでもあります。(最近こういうケースも多いですが)

どうしてこういうことが起こるのか正確にはわかりませんが、想像するにおそらく脳が身体の改善を認知するのに時間がかかったのだと思います。

痛みを作るのは身体の痛む部位ではありません。脳が痛みを作ります。

施術により体が改善したことを脳が認知しなければ、脳はずっと痛みを作り続けます。

時間が経って脳が身体の改善に気が付くと痛みを作ることをやめるのではないかと思います。

当院の施術は特殊であり、人によっては相性の悪い場合もありますが、相性の良い方では脳がついていけないほどのスピードでの身体が改善するのだと思います。

 

ただし、この方の場合、足首から先の足の外側のしびれはマシにはなりましたが完全には改善しませんでした。

この部位のしびれは完全に取れないことも多いと申し上げ、3回の施術で終了しました。

足首から先のしびれは今後の課題です。

椎間板ヘルニアが短期間で改善される理由 椎間板ヘルニアのページへ

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で椎間板ヘルニアのお悩みは、

どこよりも早く改善できる大阪茨木くぼ整体にお任せください。

関連する記事を読む: