大阪府茨木市の男性からパニック障害へのヒーリングの体験談を頂きました。

panikku6

 

院長コメント

1か月ほど前にある大きな事件に巻き込まれたそうです。

その2週間後に自宅で息が苦しくなり、呼吸がしにくくなり、手足が冷たくなってしびれる。

救急車で病院に運ばれて心電図や血圧などの検査は異常がなく自宅に帰る。

食事を摂ることができず2日後にパニック発作がでて入院。

退院後少し落ち着くが頻繁にパニック発作が出るため仕事に行くことができず会社を休んでおられました。

 

初回来院時には手が汗ばんでいて氷のように冷たくて、相当なストレスを持っておられると感じました。

筋肉反射テストで確認すると自律神経、ホルモンに反応がありましたが、過去のトラウマは影響が見られず、1か月前の大きなストレスのかかる出来事が原因と判断しました。

首に常時痛みがあり、ストレスによる胸鎖乳突筋の緊張がありました。

初回の施術では骨盤の歪みを正し、頸椎の関連筋を緩め頚椎のずれを正し、頭蓋骨を調整し、気のヒーリングでネガティブな感情を浄化し、ストレスをリセットし、1か月前のトラウマと初回パニック発作のトラウマを解放しました。

初回施術後手の汗ばみがなくなり温かくなりました。

初回施術後パニック発作は出なくなったそうですが、仕事に行く自信がないということなのでと2回施術をして、その後会社に出社することができたようです。

予期不安はまだ出るそうですが、自分でコントロールできるようになったそうです。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: