頚椎ヘルニアで愛知県日進市という遠方からわざわざお越しになった女性は、3か月前から左の肩に激痛が発症したそうです。

上腕にも強い痛みが出て左手人差し指の指先にもしびれを感じるようになり、病院でのMRI検査での診断は頚椎5番~6番の間の椎間板ヘルニアだったそうです。

病院の保存療法では良くならずいろいろ整体やカイロプラクティックなどの民間療法を試されたそうです。

インターネットで調べ、大阪府池田市のカイロプラクティックにも行かれたそうです。

どこも芳しい結果がでず、インターネットで知った当院に藁をもすがる気持ちでご来院いただきました。

 

この方の頚椎ヘルニアの症状は、首を下に向けると痛み、また痛みで首を左へ倒せないということでした。

頚椎ヘルニアの症状としては上を向けないという方が圧倒的に多いのですが、下を向くと痛むという方も少ないながらおられます。

また、首を左へ倒すと左側に痛みが出るというのは頚椎のズレが原因です。(首を右へ倒して左側に痛みがでるのは筋肉の問題です)

 

右骨盤に歪みがあり、首や肩の筋肉に緊張があり、頸椎5番に顕著な変位がありました。

骨盤の歪みを正し、必要な筋肉を緩め、頸椎を調整しました。

 

残念ながら初回施術後はほとんど効果を感じられなかったようです。

ところが翌日からどんどん痛みが減っていき、痛みは完全に無くなったそうです。

頚椎ヘルニアに限らず当院の施術ではこういうケースも時々あります。

どうしてそういうことが起こるかというと、痛みを作っているのは身体ではなく「脳」だからです。

脳が体の改善に気が付かないうちは、痛みを作り続けることがあります。

時間がたつことで何かの拍子に脳が体の改善に気づくと痛みを作るのをやめるというわけです。

 

結局この方の場合は頚椎ヘルニアの激痛が1回の施術で解消したことになりますが、左手の人差し指の指先のしびれは改善しなかったようです。

指先のしびれもなくしたいということで、初回施術から1か月半後に再来院されましたが、2回目の施術でも指先のしびれは取れませんでした。

初回施術同様、指先のしびれもその後解消されている事を願います。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

 

関連する記事を読む: