頚椎ヘルニアの右前腕から右手のしびれでお困りだった東大阪市の男性から体験談を頂きました。

201408191

 

院長コメント

東大阪市の男性は頚椎ヘルニアの再発でした。

約10年前に頚椎ヘルニアの激痛でつらい思いをされたそうです。

今回は1年前に再発し、その時は右手小指のしびれだったそうです。

日を追うごとにだんだんひどくなり、右前腕も強くしびれるようになり、右手中指と薬指のしびれがひどいということでした。

また首から肩、肩甲骨に強いコリがあるということでした。

上を向いたりすると、突然ザーッと強いしびれと痛みがはしるという症状でした。

 

骨盤は左が狂っていました。

当院の頚椎ヘルニアへの施術ではまず骨盤を整えます。

背骨の土台である骨盤が傾いていると当然背骨は歪み、一番上の頚椎も影響されるからです。

その後首の支持筋や肩や腕や胸の筋肉の緊張を和らげ頚椎の歪みを調整します。

頚椎ヘルニアの関連筋は、僧帽筋、肩甲挙筋、頭板状筋、斜角筋群、胸鎖乳突筋、大胸筋、小胸筋、菱形筋、上鋸挙筋などです。

頚椎ヘルニアで来院される方のほとんどが頚椎5番か6番に大きな変位があり、それを調整することで症状の緩和がを図ることができます。

最後に気のヒーリングでストレスをリセットします。ストレスは筋肉の緊張に大きく影響します。

 

この方の場合は初回施術後は大幅に改善しましたが、2~3日で悪いほうへ戻ったようです。

でも2回目の施術後にはしびれや痛みの程度は7割ほど減ったようです。

その後は回を重ねるごとに少しずつしびれや痛みの程度が減り、6回目の施術後は頚椎ヘルニアのしびれや痛みはほとんど感じなくなったそうです。

7回の施術で頚椎ヘルニアのしびれ痛みを卒業されました。

再発がないことをお祈りいたします。

有難うございました。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

関連する記事を読む: